はじめまして!

ドラマCIA事務局局長のコロクと申します。
さて今回のターゲットは「勇者ヨシヒコ」と言うドラマです。

テレビ東京系列の金曜深夜の放送となります。
初回のタイトルが「勇者ヨシヒコ 魔王の城」
なんともコテコテの冒険活劇かと思いきや、少し様子が違うようです。

スクウェア・エニックス社提供のゲームソフト「ドラゴンクエスト」通称「ドラクエ」をモチーフにしており、当然スクウェア・エニックス社の協力も得ているようです。
これだけでは、ゲームを実写化ドラマにしただけのイメージですが、よくよく見るとどこかおふざけの匂いが漂います。
そうですこれはただのつまんない冒険活劇では無いのです。
別の意味でしょーもない内容のシュールなドラマに仕上がっているようです。
主演は私が予てからイチオシ俳優の”山田孝之”氏です。
彼はいいですね~。
私以外の方でも好きな方は多いのでは?
彼は確か15歳で故郷鹿児島から上京し、翌年にドラマデビューをしてますね。
なんでも高校に行く気はサラサラ無かったようですね。

人柄はクソ真面目な面を持ちながら、役柄に一切の壁を作らず、面白いと思う事に対する集中力がまるで小学生のように無邪気でいいですね。外見も南国出身独特の風貌に、最近では髭面がキャラクターイメージとしてすっかり定着してます。

監督は栃木県小山市出身で、伝説のバラエティ番組「笑っていいとも!」や「SMAP×SMAP」の構成を手がけた経緯もある”福田雄一”氏。
福田氏は予てから山田孝之にこのドラマを演じて貰いたいと考えていたようですが、低予算ドラマと言う背景や放送が深夜枠だとか、いろいろと遠慮まじりでモジモジしながら、それでもなんとなくダメ元のメールでラブコールしたようです。それも事務所通さず直談判ですよ!(笑)

ところが福田氏の気苦労をよそに当の山田は即快諾!しかも事務所も快諾!と、ここでも山田サイドの魅力がヒシヒシと伝わってきますね。

さてなぜ山田孝之が必要だったのかは、ゴチャゴチャ説明するよりこのドラマを見ていただければ早いでしょう。
ただ山田が嘗て演じた事の無い非常にしょーもない内容であることは間違いありません。
そうですこのドラマはパロディーです。

ともするとこのドラマはありきたりのパロディで終わってしまいます。
しかし山田が舵を取り、贅沢な脇とゲストが彩る事で福田監督が創りあげたいシュールさのレシピがはじめて揃うのです。
言葉では中々言い表せないのがこのドラマの魅力ですが、まずはメインの登場人物をご確認頂いてからじわじわで期待してもらいたい次第です。
このブログでは先にご紹介いたしました「勇者ヨシヒコ」に関する「あらすじ」、「登場人物」、「主題歌」、「Wikiに無い裏情報」、「台本内容」、「無料動画や有料動画案内」、「放送日」、「続編情報」などなど、時には「ネタバレ情報」なんかも配信出来ればと考えてます。
今後共長きに渡りよろしくお願いいたします。

 【注意!】確認画面は表示されません。内容をご確認の上よろしければチェックを入れて送信下さい。

 


スポンサードリンク