[ヨシヒコ2] ヘンゲの杖】

仏により裏世界にたどり着いたヨシヒコ一行は、とある城の前に居る。

その城壁らしきものを越えて炎の大きな玉がヨシヒコらに襲い掛かってきた。

何度かの攻撃を辛くも逃れると、

今度はなにやら情けない顔をした紫色の男がこちらに話しかけてきた。

b60ae8e882982050e35306a89907482e
出展 youtube.com/

「誰だお前ら!」

メレブらが余計ないざこざを避けようと嘘も方便的にやんわり話をしていると、

ヨシヒコが正直に且つ挑戦的に自分は勇者でデスタークを倒すと言ってしまった。

城壁の紫色のモンスターは怒りまくり、ヨシヒコらを罵りだした。

その罵り方が子供的でムカつく。

また罵りにストーリーがあり、それも長く聞く側が理解に苦しむ内容で、

聞けば聞くほど怒りより混乱しか出ない。

イライラしているといつの間にか話は終わっていて、

どさくさにもう一発大きい炎の玉をヨシヒコらに投げてきた。

ヨシヒコらは命からがら逃げ出した。

 


スポンサードリンク


 

今回のロケはどうやら沖縄のようですね。

冒頭ヨシヒコらが眺めた城壁は沖縄県に実際に存在します。

sl8
出展 沖縄の世界遺産 中城城跡 http://www.nakagusuku-jo.jp/

参考サイト: 沖縄の世界遺産 中城城跡(なかぐすくじょうあと)

詳細は参考サイトのこちらを御覧ください。
http://www.nakagusuku-jo.jp/

ロケ地が沖縄だけあって、メレブが時折沖縄の方言っぽく話します。

 

 

59777cdea553ddecc0d63d0f39d38e47
出展 youtube.com/

ヨシヒコらの今回の舞台はどうも海が近いらしい。

今まで山でのロケばかりだからムラサキが喜んでいる。

 

 

そこへ仏が現れた。

仏はめずらしくまともにお告げを出す。

デスタークの居る城へは人間のヨシヒコらは入れないと言う。

なので、”ヘンゲの杖”と言う魔法の杖を手にし、

魔物へ姿を偽りデスタークへ近づく事が賢明のようだ。

仏はまず”ヘンゲの杖”を探せと言う。

去り際に・・・・・・

仏:「探しちゃいなよYou!探しちゃいなよYou~!」と言いながら仏は消えた。

 

 

とにかくヨシヒコらは裏世界の街に入り、ヘンゲの杖の情報を聞き取るしか無いと考えた。

 

 

[ヨシヒコ2] 裏世界潜入】

裏世界の街はなんだか日本の沖縄っぽいぞ。

なんとなく那覇市の国際通りに似てるサ~

a8ffbd8e6734a5604ea046413f0066ea
出展 youtube.com/

ここでヨシヒコは第2話でゲットした”ルーの鏡”を使う事をひらめいた。

”ルーの鏡”とは映るものの本来の姿を見ることが出来る鏡だ。

この鏡で街を映せば、本当の街の姿が見えるはず・・・・・

2e1b8a5697f52527c3348acdf6a497b4
出展 youtube.com/

「魔物だ!人間に姿を変えた魔物達だ」

こんな街で有益な情報を得れるはずは無い。

どうしたもんかと頭を抱えていると、

ヨシヒコが妙案を思いついたと言う。

いつもの事で全員あまり期待してない。

ヨシヒコ曰く・・・

自分らには旅先で仲間になった魔物を馬車に置いていたはず。

彼らなら魔物なので、魔物から有益な情報をゲット出来るのではないかと・・・・

妙案だった。

なるほど魔物なら魔物からたやすく情報を貰えるって事だ。

早速馬車を見てみる事にした。

b3cb3ad29218b0f0d65c836d98ac55bc
出展 youtube.com/

しかしこの馬車素敵ですよね。

馬がトラックを引くんですね。

これ下手するとトラックに馬轢かれちゃいますよ。

「轢いちゃいなYOU!」になりますよ~ん。

まあ細かい突っ込みはヤボでした・・・・

 

 

ヨシヒコらが荷台を確認すると、

馬車の中身はこのところの熱さのせいでほとんどが腐っていた。

cf726011ea05339a503649fac9dc8467
出展 youtube.com/

うひょ~小道具倉庫のようだ!

ヨシヒコらは何とか生き残りの魔物をピックアップした。

 

 

ヨシヒコは仲間の魔物を同伴し、裏世界の海辺を聞き取りに回っている。

そこで、とある海の家にたどり着いた。

ヨシヒコは入り口付近で兄と妹の兄弟喧嘩に遭遇する。

ヨシヒコはその兄に”ヘンゲの杖”を知らないかと聞いた。

5cf10f156ce2801135dd25fcdb6cf7d0
出展 youtube.com/

おっと!この時点で”仲間の魔物”の意味が無くなってね?・・・・

 

 

[ヨシヒコ2] ビーチボーイズ?】

兄は”ヘンゲの杖”と言う魔法の杖の場所は知らなかったが、兄の父親が知っていると言う。

ヨシヒコは待たせてもらうことにした。

 

兄弟喧嘩の経緯は、妹がコミュニティーFM局をやりたいと言うが、

住まい兼海の家のこの場所がいずれなくなる運命にあり、

兄はここがなくなると尚更妹が悲しむのではないかと危惧し反対していると言う。

その理由を知るすべもない妹はわからずやの兄貴と思い喧嘩になったと言うわけだ。

 

よくあるドラマの定番パターンね。

今回この兄弟が住む海の家のロケ地がこちら・・・・

%e3%81%bf%e3%83%bc%e3%81%b0%e3%82%8b%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc04-620x290

沖縄県南城市玉城字百名にある「みーばるマリンセンター」

http://mi-baru.com/index.html

海水浴・バーベキュー・マリンスポーツ・グラスボートなどが楽しめる場所ですよ。

 

 

さてさてヨシヒコ今回も脱線の気配有りですな。

ヨシヒコと兄弟は思わぬ展開で友人となり、

FM局開局に向けて微力ながら応援をした。

しかしこのくだりのシーンで入る挿入歌が、

ドラマ「ビーチボーイズ」で主演の反町隆史が歌う「Forever」にクリソツ!

監督作っちゃった?

しかも”ヨシヒコ歌っちゃいなYOU”になっちゃてるよね!

↓こちらがオリジナルです。

なんか・・・・微妙っしょ?

ヨシヒコ歌までオマージュで徹底してます。

しかもヨシヒコの方は歌詞が吹くし(笑)

まあそこが福田作品最高の訳かも!

反町さんご容赦!

 

 

とにかくこのシーンだけ見たら別ドラマっす。

しかもヨシヒコが「北区赤羽」の山田くんになってます。

仏が言ってた通り今回は、

キャスティングや雰囲気が「ビーチボーイズ」
ミニFM局が『波の数だけ抱きしめて』
マリンスポーツやってる所が『彼女が水着に着替えたら』

なんてとこかな?

 

さてあらすじとは言い難いあらすじへ戻そう。

 

その頃、

ドラマのロケを忘れて普通にビーチで遊んでいる山田くんとは対象にダンジョーら3人は居酒屋で一杯引っ掛けていた。

55f60ca92cab23b02b3b9c1e9d8c03e0
出展 youtube.com/

魔物が横で飲んでるぜ!

メレブはここが楽園だと言うがダンジョーは油断ならない様子。

それなりには寛いではいる模様。
てなわけで今回彼らがくつろいでいる居酒屋がこちら↓
5f6c63f9562aa13265847ef9e7a4d0ad

琉球家庭料理 「葵屋」
沖縄県那覇市西1丁目 ※ゆいレール 旭橋駅 徒歩5分

※詳しくはこちら(食べログ)
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000538/

 

 

この時メレブは”ナギ”と言う風(かぜ)系の呪文を覚えた。

微妙な風を相手に吹かせ、ボヤっとしている所を攻撃するらしい。

なんかメレブの攻撃系ってそんな奴ばっか・・・・・

 

ついでにムラサキも呪文を覚えたのだ。

それは”アヒル口”

アヒル口で男どもをイチコロにするらしい。

8f9f78614d80e4a951fbd4006b8ca9a0
出展 youtube.com/

なるかぁ!ボケっ!

まぁ木南ちゃんかわいいけど・・・・・・

ダンジョー
が厠に立って戻る時、厨房からムラサキを食べたいとか・・・

そろそろあいつら人間を食べてもいいかとか声が聞こえた。

ダンジョーは急いで皆を連れて店を出た。

 


スポンサードリンク




 

[ヨシヒコ2] 仏の愛のムチ】

 

一方ヨシヒコはヘンゲの杖を取るか、ビーチボーイズもどきの友情を取るかで悩んでいた。

そこに仏がジェットスキーで現れる。

なんでやねん! 空から来いよ。

仏、海からヨシヒコの元に駆け寄りざまにぶん殴った。

ヨシヒコが本来の目的を見失い、

クソ要らない友情とかにハマっている事を一喝した。

いつもの如くそんな事では真っ直ぐで頑固なヨシヒコの気持ちは変わらない。

結局仏は、ヨシヒコへ仏ビームを浴びせ、

一切の考えや思考ロジックを魔物退治に集中させた。

 

そうなるとヨシヒコも逆に真っ直ぐ。

早速ヨシヒコは海の家に戻ると、

さっさとヘンゲの杖の在り処を教えろと怒鳴った。

意味不明だがかなり怒っている。

おまけにさっきとは打って変わって、

マンゴーFMの文句を言い出す。

つまり全く記憶が無いらしい。

こうなると終始言動が荒い。

せっかくの前半の伏線や流れも全く関係なくなり、

ヨシヒコの「うるさい!」の一言で終了した。

 

半ば強盗のようにヘンゲの杖の在り処を聞き出したヨシヒコは、

話にある少し離れた島へ向けて船を出した。

 

途中魔物とも戦った。

4b4b88fb30188e9109076237f26a9242

海でも魔物は出るようだ。

魔物を倒してしばらくすると・・・・・

あの大人から子供までに人気の船乗りらに「仲間にならないか?」と執拗に誘われた。

c901a23827c52e5e0ef99a40a9a048f6

「俺たちの仲間になれよ」

コレしか言わない・・・・・

こいつらが何なのかは、何となく分かるがあえて無視したい所だ・・・・・

 

次!

 

 

 

ヨシヒコらは目的の島へ上陸すると、情報にもとづいた岩陰を覗いた。

はたしてヘンゲの杖がそこにあった・・・・・

27b483f38cd01af4050a0865d6761487

これで準備は整った。

ヨシヒコらはいよいよ悪霊の鍵をつかむべく、

悪の神”デクスター”を倒しに行くのである。

 

その頃城壁の外ではヨシヒコの妹ヒサが兄のヨシヒコを心配して助けたいと願っていた。

b30736be37853742003d185cea3eafb3

 


スポンサードリンク