[ヨシヒコ1] スライムとの激闘

馬で旅だったはずのヨシヒコはいつの間にか徒歩になっている。

監督が経費削減の為、なし崩しでシーンの切り替わりに徒歩の設定にしたようだがバレバレである。

徒歩のヨシヒコの前にスライムが現れる(小学生が作ったような安っぽいハリボテのスライム)
スライム1
出展 http://prcm.jp/

ヨシヒコ:「何者だ!」

スライム:「何者って!俺を知らないって勇者としてどうなのよ」 (人生相談の相談者の声のような声音)

ヨシヒコ:「知らん」

スライム:「待て待て待て!旅に出たら最初は俺でしょうよ」

ヨシヒコ:「最初は俺?・・・・どう言う事だ」

スライム:「どう言う事って戦うって事だよ!」 「ど~ん!」

言うやいなやスライムはヨシヒコにアタック!

スライム:「どうだ?1ポイントくらい痛いだろ」

ヨシヒコ:「・・・痛い」

スライムは「もういっちょいくぜ」と言うと、ど~んと二度目のアタックを試みる。

ヨシヒコは「やめろ」とすかさず剣を半抜きし、剣でスライムのアタックを防ぐ。

ヨシヒコの半抜きの剣がチラってあたってスライムは「うわああああああ!」と呆気無くご臨終。

— ドラクエでモンスターが死んだ時の効果音 —

ヨシヒコ:「????」

やはりスライムは弱い。 中々忠実に再現している。

 


スポンサードリンク





 

[ヨシヒコ1] ダンジョー登場

スライムとの壮絶な戦いの後、何気なく歩いていると・・・(台本は馬の設定だが)

10m程前方でなにやら男ら2人が戦っている。

尋常ではない様子にヨシヒコは少し不安になる。

程なく一人の大柄で毛むくじゃらの男が、もう一人の男を切り倒した。

旅立って初めての殺人現場に立ち会ってしまった感。

ヨシヒコの進む方角は、まさにいま殺人を犯した毛むくじゃらの男の方向である。

どうしたもんか少し躊躇したが、勇気をふりしぼり”知らないふりして通り過ぎる戦法”を取る。

殺人者:「待て」

横切り無視を決め込んだヨシヒコの胸に手を当て、直進を制止する。

ヨシヒコ「はい」 と歩行を止める。

ヨシヒコに緊張が走る。
b10d607e3a5920dfe896d6fb7bc0e632
出展 youtube.com/

殺人者:「イヤな時代になったもんだ。皆人間は疫病に苦しみ、救いを求める・・・・」

ヨシヒコはしれーっと横を通りすぎようとする。

殺人者:「人が話してるだろ!」と一喝。 ヨシヒコ足を止める。

殺人者:「聞くんだ」 とヨシヒコが元いた場所を指差す。

ヨシヒコ:「はい」 再び元の位置に戻る。

殺人者:「イヤな時代になったもんだ。皆人間は疫病に苦しみ・・・」 ヨシヒコすぐさま歩き出す。

殺人者:「聞こうよ!」 ヨシヒコ止まる。
182c11bf67390cdeac87b5cc96aa3dc8
出展 youtube.com/

殺人者:「何普通の顔してすーっと通りすぎようとしている」

ヨシヒコ:「長そうなんで」

殺人者:「んじゃこれだけは言わせろ!これだけ言ったらさっとお前を殺すから」

ヨシヒコ:「わたしは殺されるんですか?」

殺人者:「そう!これから全部かっこ良く語ったのちにな」「冥土の土産ってやつだ」

ヨシヒコ:「私は勇者だ!村を救わなくてはならない。私はあなたにここで殺されるわけにはいかない」と反抗。

殺人者:「ふん!中々骨のある男が、しかしな若造、お前が俺の話をしっかり聞くまでは・・・逃がさんぞ・・・」

殺人者は再び語り出す。

殺人者:「俺の名前はダンジョー。お前と同じある人々を救うと言う・・・・」 ヨシヒコ再び歩き出す。

ダンジョー:「うー待てい!こらっ!」 ヨシヒコ今度は止まらない。

ダンジョー:「おい!」 やはりヨシヒコ止まらない。

ダンジョー:「ちょっとまてい!まだまだ話は終わらんぞ!」 絶対ヨシヒコ止まらない。

 


スポンサードリンク





 

[ヨシヒコ1] ヨシヒコの剣

ヨシヒコ:「いつまでついてくる気ですか?」

ダンジョー:「え~? 俺の話をすべて聞くまでと・・・言ったろ?」

ヨシヒコ:「・・・・」

ダンジョー:「話を聞き過ぎて疲れた頃に不意をついて殺す・・・それが俺のやり方だ。はっははは」

ヨシヒコ:「スゴイ作戦ですね」

ダンジョー:「俺は頭がいいからな・・・・今聞くか?ん?」

ヨシヒコ:「今日はもう寝ます・・・」

ヨシヒコは焚き火のそばで横になる。

仕方ないなと言った風で自分も寝るかなと体を傾けたその時、ふとヨシヒコの刀に目をやると・・・・・

ダンジョー:「この剣は・・・・・何てヤツだ」 ダンジョーは驚きを隠せない表情でヨシヒコを見つめる。
8df5651c85b56bfe87e7aa60ca3ea6af
出展 youtube.com/

 

— 1話その②終わり ・・・・ 1話その③に続く —
 


スポンサードリンク