[ヨシヒコ1] ウッサンの村

とある村で、一人の教祖が壇上に上がり、そこ群がった村人らが意味もなく熱狂している。
ece03e0253550f1190373c0ed2bfef57
出展 youtube.com/

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

「教祖!教祖!教祖!教祖!」

金髪のマッシュルームカットのすっとぼけた男は壇上で、村人らに向かい軽く両手を上げ、村人の歓声に答えるがごとく”苦しゅうない苦しゅうない”とでも言—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–いたげに村人を左右に軽く見渡す。

教祖:「さあ。施しの時間だよ」

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

村人が歓喜に湧き、我も我もと手をあげる。

どうやらこのうんさん臭い教祖に施しを受けたいようだ。

教祖は一人の冴えない顔の村人を指した。

冴えない顔の村人1:「子供が蜂に刺されました。どうすればよいでしょう。教祖!」

—- どうでもいい悩みである。 —-

聞いたか聞かんや、天を仰ぎ、目を静かに閉じ、髪の毛を少しかき分ける教祖。

—– 清らかに一筋の鐘の音 —–

教祖:「刺されたとこ、ツメとツメでこういう感じで押し出す感じでやって、そのあと・・・・ツバつけよ」
すかさず教祖”言ったった”感の顔で静かに両手を上げる。

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

村人歓声

★ここは放送されない台本だけの施しシーン

次は我と村人が手を上げる「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」

一人の更に冴えない顔の村人が選ばれた。

更に冴えない顔の村人2「ふきのとうはどうやって食べればよろしいでしょうか?教祖!」

—- ググれカスの悩みである。 —-

聞いたか聞かんや、天を仰ぎ、目を静かに閉じ、髪の毛を少しかき分ける教祖。

—– 清らかに一筋の鐘の音 —–

教祖:「・・・・・味噌にあえなさい。・・・・そしてご飯にのせなさい」
すかさず教祖”言ったった”感の顔で静かに両手を上げる。

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

村人歓声

次は我と村人が手を上げる「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」

今度はまともな村人が選ばれた。

村人3:「地球から最初に出る星まで何光年離れていますか?教祖!」

教祖:「・・・・・」

村人3:「何光年ですか?教祖!」

教祖:「他に施しを受けたい者はおるか?」

村人3:「何光年ですか?教祖!」

教祖:「・・・・・」

村人3:「あれ?教祖!もしかして知ら・・・」

教祖:「だーーーーーん!!」
と村人3に気を送ると村人3は倒れる。

村人歓声

教祖:「さあ。どんどん施すよ」

 


スポンサードリンク





 

[ヨシヒコ1] メレブ登場

ヨシヒコとダンジョー、ムラサキが来る。

ダンジョー:「村だな。あそこで食料を調達しよう」

ヨシヒコ:「そうしましょう」

突如後ろにいたムラサキが、

ムラサキ:「父の仇ーーー!」

ヨシヒコの肩口を刺す。

ヨシヒコ:怒り口調で「何度言わせるんだ!もう少し確信持ってから刺しなさい!」

ヨシヒコ:「キリが無いので、引っ込むヤツに変えておいたぞ」
※”引っ込むヤツ”とは、おもちゃの引っ込む剣である。

ムラサキ:悔しそうに「いつの間に、引っ込むヤツに・・・・・」

ダンジョー:「お前には引っ込むヤツがお似合いだ」

 

 

[ヨシヒコ1] ウッサンの村

ウッサンの村に入ったヨシヒコ一行。

教祖の施しは尚も続いている。

ダンジョー:「なんじゃありゃ」

教祖:「それ、連絡来てから一回あえて間を置いて・・・・・。あれ?私の事嫌いなのかな?と一度思わせておいて、”俺も好きだよ”。むたいな。・・・・・多少じらすが良い。」

すかさず教祖”言ったった”感の顔で静かに両手を上げる。

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

村人歓声

ダンジョー:「恋愛相談か」

ムラサキ:「どうでもいいな」

ヨシヒコ:「・・・・・・」

続いて教祖が大きな岩を手も触れずに持ち上げている。

—– 厳かな効果音がわざとらしく鳴り響く —–

村人歓声

ムラサキ:「スゴイ!あんな岩が宙に浮いてる」

ヨシヒコ:「・・・・・・」

得意げに手を振る教祖。

ヨシヒコ一行が食料を調達していると、そこへ教祖が通り掛かる。

教祖:「見ない顔だな。外の話が聞きたい。のちに私の屋敷に来るがいい」

ヨシヒコ:「はい。教祖」

ムラサキ:「なんだよ。あいつ。超上から目線じゃん」

ダンジョー:「教祖だからな」

その時ヨシヒコの横を通り過ぎる男らが・・・・

男1:「さすがに重いな、あの岩」

男2:「更にデカくされちゃったからな」

ヨシヒコ:「・・・・・・」
 

— 1話その④終わり ・・・・ 1話その⑤に続く —
 


スポンサードリンク