【福田雄一: プロフィール】

fukuda
[ 生年月日 ]
1968年7月12日

[ 血液型 ]
A型

[ 星座 ]
蟹座(かにざ)

[ 干支 ]
申年(さるどし)

[ 出生地 ]
栃木県小山市

[ 卒業校 ]
小山第1小学校→小山中学校→栃木高校→成城大学経済学部

[ 職歴 ]
日本テレワーク入社→フリー放送作家

[ キャリア ]
フジテレビ「笑っていいとも」、「SMAP×SMAP」、テレビ朝日「いきなり黄金伝説」など多くのレギュラー番組を担当。

[ 家族構成 ]
自称鬼嫁、息子(4歳時に「33分探偵」出演)

[ 職業 ]
映画監督、放送作家、脚本家、演出家、劇作家

[ 映画 代表作品 ]
◆「大洗にも星はふるなり」 2009年◆
山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、戸田恵梨香、安田顕

 

[ ドラマ 代表作品 ]
◆「33分探偵」 2008年◆
堂本剛、水川あさみ、高橋克実、戸次重幸、佐藤二朗

◆「プロゴルファー花」 2010年◆
加藤ローサ、片瀬那奈、井上正大、高橋真唯、ムロツヨシ、佐藤二朗

◆「勇者ヨシヒコと魔王の城」 2011年◆
山田孝之、宅麻伸、木南晴夏、ムロツヨシ、岡本あずさ、佐藤二朗

 

1955年ハナ肇をリーダーとする「クレージーキャッツ」がデビュー。

当時進駐軍のキャンプでジャズやコントをやり、後に谷啓や植木等が加わって大人気コメディバンドとなる。

お笑い好きな父親の影響でクレージーキャッツに夢中だったのが、福田雄一少年であった。

その影響か、小学校の頃から「お楽しみ会」などで自ら台本を書きコント披露していた。

中学、高校ではゴルフに興味を持ちプロゴルファーに憧れる。

大学進学を希望していた父親に押され、高校の先生の薦めで、成城大学に進学。

この大学を選んだのは当時珍しいゴルフ部があったからだった。

ところが自分の才能の限界と、想像以上にかかる部費のためにノイローゼになる。

どん底の状況で蘇ったのは小学校時代の「お楽しみ会」だった。

ほどなく福田はゴルフ部を辞め演劇部へ入部する。

ここから福田の演劇人生がスタートするのだった。

1990年に、成城大学の学生劇団を母体に「劇団ブラボーカンパニー」を立ち上げ現在に至る。

 


スポンサードリンク